FC2ブログ

オステオパシー美洸のブログ

栃木県宇都宮でオステオパシーという手技療法を行う施療院のブログです。 オステオパシーをはじめ、健康に役立つことをお伝えしていきたいとおもいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オステオパシーの詳細

yubikiri.jpg

以下、美洸HPから抜粋した説明になります。

オステオパシーは1874年にアメリカ人医師、アンドリュー・ティラー・スティルにより発表された
療法です。語源のギリシャ語、オステオ(骨)とパソス(病気・治療)を合わせた形の造語です。
その始まりは手技によって全身(筋骨格・内臓・神経系)の歪みやひきつれを取り除くことによって
体が自ら治る力を蘇らせることができる、といった考察から始まりました。

現在アメリカでは歴史的な背景もあり手術や投薬も行うメディカルドクターと同じような位置に
いながら、手技療法も学ぶというスタンスになっているようです。

その哲学、手技療法の部分はヨーロッパ経由で日本へ、アメリカからカナダ、オーストラリアなど世界中の多くの国に急速に広まっています。

日本においてのオステオパシー
スキルを学んだ人が広め出して20数年くらいで、現在は
基礎医学をベースに、外国のオステオパシー大学で学んだり、セミナーに出席した講師が
スキルや、さらに学びを深めるために必要な知識を伝えている段階のようです。
学校は各種学校という位置づけで、国から医療行為としては認められていません。

どのような人が学ぶのかというと、医師、柔道整復師、看護師、理学療法士のような国家資格保持者が多いようです。

オステオパシーの価値・特徴

一つは効果の高さとその理由に、オステオパシーの幅広さにあるかもしれません。
創始者は人をみるときに、次のようなことを理念におき、病気をみるのではなく、「人」をみることを大切にしました。

哲学
・人は、体と心、そして魂の統合体である
・機能と構造は関連しあう
・自然に治す力を信頼する

日本の人がなじみやすい全体的な、症状を直すというのではなく、ほんとうに治すという意味で、東洋的観点です。そういった背景に科学的考察が加わることによった、アプローチ範囲の広さ、明晰、明瞭さが特徴
となります。

調和

筋骨格系・内臓系・神経系・頭蓋仙骨系・リンパ系・エネルギー系・感情、心・・・etc
それぞれに特徴的な構造があり、バランスよく動くためのリズム(呼吸、心臓の拍動、神経のパルス、リンパの流動、脳脊髄液の満引き、内臓固有の動き、筋肉骨格の動き)があります。そしてその全てが繋がりあったシステムの調和を助けるオステオパシーは、今の私たちが必要とする、現代の病を癒す治療法であり、将来的な病気の予防法に対する一つの答えです。


オステオパシーは痛みのある個所だけではなく、全身の検査と施術からなります。

効果的な症例

腰痛・ぎっくり腰・肩こり・頭痛・神経痛・自律神経失調・手足のしびれ・めまい・顎関節異常・ゆがみ・耳が聞こえにくい・変な汗がでる・生理痛・などさまざまな体の不調、痛み。スポーツをする方やダイエットをがんばる方のパフォーマンス向上。心の疲れ など。
スポンサーサイト
  1. 2012/01/11(水) 16:46:13|
  2. オステオパシーについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2012年1月のお知らせ | ホーム | オステオパシーが効果的な症例>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osteopathybikou.blog.fc2.com/tb.php/6-0f1d10fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ひで8

Author:ひで8
オステオパシーという手技療法してます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
お知らせ (18)
オステオパシーについて (6)
施術例 (1)
酸素カプセルについて (1)
岩盤浴について (1)
効果的な症例 (1)
フラワーエッセンス (1)
様々な健康法 (4)
おすすめの書籍 (0)
私生活、思うこと (5)
指針 (1)
スポーツをされている方に (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。