FC2ブログ

オステオパシー美洸のブログ

栃木県宇都宮でオステオパシーという手技療法を行う施療院のブログです。 オステオパシーをはじめ、健康に役立つことをお伝えしていきたいとおもいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

酸素カプセル

eo.jpg

NASAで使われる高等技術を応用したもので、この筒状の器具に人が入って使います。
物理がそんなに得意でもない僕は詳しくわかりませんが、効用はたしかに感じます。

オステオパシーは体の縺れや固まりを解きほぐし、組織の機能を回復し血液の循環をとりもどす施術なので、なにかをプラスしたりするというよりかは、自分自身の力を再度使えるようにする、再生を促す役割とすると

酸素カプセルは酸素そのものを供給して、代謝を促進したり、その弾みで活性をかけたりする役割があると考えられます。

僕は、足取りが軽くなったり、木々の緑色がやたらときれいに見えるのが印象的です。
競技の上でドーピングにあたるかどうか検討されるのもうなずけるところです。
体の回復以外にも、映画館に行くとか、大切な誰かとどこかにでかけるとか、そういうイベントの時に、存分に楽しむために使ってみるのもよいかもしれません。

以下はHPより抜粋した説明になります。


■ 酸素カプセルのメカニズム
人間の体は約60兆個もの細胞からつくられます。そして、すべての細胞が呼吸を必要として
います。仕事のストレスや、普段の食生活で、脳も内蔵もたくさんの酸素を要求されています。
体の歪みや、運動不足で体のすみずみに十分酸素が行きわたらないことも現代社会に住む
人には多くみうけられます。


著名な方もその重要性を指摘しています。
野口英世 「酸素不足は万病の基である」
オットワルド(独、ノーベル賞受賞者)
「癌の原因は酸素の不足による。」
そこで、できるだけ多くの酸素を取り込み、効率的に体のすべての細胞に酸素を届けられるシステムが求められたのです。

高濃度、高気圧酸素カプセル、イオでは呼吸によって取り込まれる「結合型酸素」と、気圧が高まることによって直接体内の水分に取り込まれる「溶解型酸素」が増加します。

通常の酸素濃度(20.9%)を約1.5倍(30~35%)に高めて(白亜紀時代と同じ)さらにカプセル内の気圧を1.25気圧に高めます(水深3~4mの感覚)
これにより全身の皮膚、及び肺から酸素を吸収することができます。

なぜオステオパシーとの相性がいいのか?

酸素カプセルに入って出た時、多くの人が身長が伸びていたというデータがあります。それも数mmではなく、1cm~2,3cm、人によっては5cmというデータもあるそうです。
どこまでが正しいかは定かではありませんが伸びているというのは間違いないようです。

酸素カプセルは、高気圧と高濃度酸素の2つが特徴ですが、身長の伸びに関係があるのは高気圧ではないかと考えられているようです。通常人間は1気圧の気圧を受けています。
その気圧が高くなれば、体はあらゆる方向からの力で、圧縮されるようになります。

潜水などもそうですが、水深が増すほど、気体の圧縮性が高まります。(溶解型酸素はこの理屈)発泡スチロールを海に沈めたら縮むのがイメージしやすいかもしれません。

人間の場合、ちょっとの高気圧でもやはり耐え難い力を体は感じています。体液が収縮することはまずあり得ませんが、対組織、とくに関節に対する圧力が均等性をもって高まることで縮みというか、関節部の位置が圧迫された形になります。

位置が元に戻る?
気圧が正常になると、関節は元に戻ろうとします。それまで抑えられていたものが一気に解放されるため、その人本来の関節の位置に戻ろうとする力が働くと予想されます。これがレオロジーとよばれています。
オステオパシーの技術のなかにも関節に圧力をかけるというものがありますが、理屈は同じようで、ひずんでいた、歪んでいた関節が一旦縮み、そして解放される事で、その歪みが解消されるということです。

それまで沈んでいた関節の間や、横に逃げていた関節などが正常な位置に戻ります。つまり、全て縦に伸びる計算になります。それが全身的に起こることで、身長が伸びる現象が起こるのではないかと予想されています。バランスがとれることによる椎間板の変化も予想されます。

でも、根本的に歪みの原因がなくなった訳ではないので、2,3日もすれば完全に身長は元に戻るようです。そして身長の伸びの幅も差があるようです。

伸びの差は歪みの程度で変化するのではと予想されています。

ここで大切になってくるのが根本的な歪みの原因をみつけ治していくことではないかと思います。そこでオステオパシーで体の使い方のクセに気がつき、治していければさらによいと思います。

慢性疾患の治癒促進
長い間体の不調が続いている方は、呼吸も浅くなっているいることが臨床経験上多く感じられます。例えばそのような人はほとんどといってよいほど、どこかしらに血流のわるい 凝り固まっているところ、淀んでいるところがあります。
それが長期間続くことによって組織の質が変化しているので治るのに時間がかかることもあるようです。
酸素を補給することは治癒力を底上げすることにつながります。オステオパシーによる再生と組み合わせると循環と供給により相乗効果が高まります。

● その他、酸素カプセルの有効的な例

疲労回復効果:日々の生活の中で激しい運動をされているかた、仕事がハードで疲労が
       たまっている体を癒します。不足しがちな酸素を全身で吸収することで
       本来体がもっている自然治癒力を高めます。

むくみ:酸素供給が多くなると、動脈が収縮し、酸素の導入量を調整しはじめます。
        静脈は収縮が少ないので、その分血液の流入量が高まります。
        そのためむくみが解消されるのです。
        全身に高圧がかかる引き締め効果もあります。
        骨折の治癒促進にもこのメカニズムが関わっています。

美肌効果:不規則な生活、無理なダイエットなど、生活習慣によってお肌のコンディションは
     左右されます。肌のハリを保つコラーゲンなどは、代謝合成に大量の酸素を必要
     とします。また、酸素は老廃物質、疲労物質の排除を促します。

二日酔い改善:二日酔いの原因は「アセトアルデビド」という物質です。体内に摂取された
       アルコールは肝臓でアセトアルデビドから酢酸に分解され、血液中へ
       流れます。ところが酸素量がたりないと分解が追い付かずに脳や、他の
       臓器にアセトアルデビドが回ってしまうため、頭痛や吐き気が生じます。
       お水を沢山飲む&酸素の摂取が大切です。

ケガの治癒:骨折したり靭帯や筋肉を損傷すると、炎症を起こし、腫れて浮腫んでしまいます。
      そのため酸素も十分に患部へ行きわたらなくなるのです。酸素カプセルの浮腫みと
      り効果、酸素供給で治癒の早まりが期待されます。ベッカムや斎藤佑樹選手が利用したこと
      でも有名です。

ダイエット:糖や脂肪を燃焼させるのにも酸素が必要になります。
      食事や運動によるダイエットに加えて相乗効果で無理のないダイエットを。
 
注)妊娠・心臓病・耳の異常・閉所恐怖症の方は程度、症状の程度にもよりますが安全面の配慮から
   お受けいただくことができません。ご理解の上お申し込みください。




スポンサーサイト
  1. 2012/01/11(水) 12:10:52|
  2. 酸素カプセルについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ひで8

Author:ひで8
オステオパシーという手技療法してます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
お知らせ (18)
オステオパシーについて (6)
施術例 (1)
酸素カプセルについて (1)
岩盤浴について (1)
効果的な症例 (1)
フラワーエッセンス (1)
様々な健康法 (4)
おすすめの書籍 (0)
私生活、思うこと (5)
指針 (1)
スポーツをされている方に (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。